駐車場の種類

駐車場経営をしていくときに、どういった駐車場にするのか決めていく必要があります。
運営は自分で行う自己経営なのか、委託する運営委託なのかも重要な点です。
駐車場には様々な種類があり、立地によって適した駐車場の形があります。
平面駐車場といって、土地に駐車枠の線を引いただけのものがあります。
これだと機械の設置を行うこともなく、人件費・維持費などの様々なコストを減らすことが出来ます。
他にも、立体駐車場があります。
建物の中を車が自分で走る自走式立体駐車場、車を機械が駐車スペースまで運ぶ機械式立体駐車場があります。
階数の高さ、面積の広さによって、収容台数が変わってきます。
ですが、初期投資額もかかるので、事業として真剣に取り組む人には適しています。

平面駐車場や立体駐車場の他にも、様々な駐車場経営の形があります。
月ごとに賃貸経営を結んで収入を得る月極駐車場は、自分で経営したり、不動産会社に委託して行ったりしています。
コインパーキングと呼ばれる時間貸し駐車場は、土地の面積や形に関係なく運営が可能です。
一日借りる日貸し駐車場も出てきています。

駐車場経営に関する資格や届け出は必要ありません。
問題は、その土地のニーズを把握することです。
違法駐車の有無・交通量の多さ少なさ・住宅街か商業地かといった、土地の調査が重要になります。
駐車場経営のときには、コインパーキングや月極駐車場、どの形であっても状況を見て料金の変動を行っていく必要があります。