初期投資

駐車場経営を行うときに、月極駐車場として自分で経営するときには、土地の舗装から始まります。
アスファルト舗装や整地といったことが必要になります。
また、機械をリースして設置することも可能です。
照明をつけたり看板を立てたりと、自分で行うと初期費用がかります。
ですが、駐車場の管理会社に委託すれば、そういった初期費用はかからなくなります。
全て負担してもらって、駐車場経営を行うことが出来るようになっています。

駐車場経営をする上で、税金に関しての情報はしっかりと把握しておく必要があります。
駐車場として運用している土地にかかる税金は、固定資産税や都市計画税といったもので、不動産所得として確定申告も行わなければなりません。
更地にしていても、土地には税金がかかるので、駐車場経営によって得た収入の中から支払っていきましょう。
支払って余った分を、貯金にまわすことが出来ます。
税金は、事業経営において影響の大きいものです。
必要経費として捉えて、きちんと確認しながら支払っていきましょう。

初期費用がほとんどかからないのが、駐車場経営の魅力でしょう。
いまはコインパーキングが利用者の需要と共に全国各地に増えてきています。
車を普段から利用している人や、レンタカーのような形で利用している人もいます。
車は移動手段として確立され、特に交通網が発達していない地方であれば、なおさら駐車場の需要は高まります。
土地活用法として、将来性のある駐車場経営を行っていきましょう。
投資の中でも、リスクの低いものにもなっています。